2009年10月07日

女性を説得する心理学〔2〕

*女性の責任を取り払う
 目の前の女性から本当はどう思っているのかといった本性や本音を聞き出したいときにおいては、その女性の友達や知人もしくは家族等が聞きたいことについてどういう意見をもっているのかなどと、第三者的意見として聞き出してみると、話しやすくなり本音が見えてくるものである。自分が本音を語ると、そこにはまた自分の責任が発生してしまうため言いにくくなるのである。女性をうまくコントロールするには、いかに責任がかからない状態を作り出してあげることが最重要課題なのである。

*多彩な褒め方を
 女性は同じ内容のことであっても、違った言葉や表現方法で褒められれば、この男性だけは自分の値
打ちが分かる人だと思ってしまう。その女性の素敵なところを2〜3箇所に絞り、違う言い方でほめ、常に新しい魅力を発見したように表現すること。

*嘘でも言い続ければ信用する
 女性に対しては、たとえ目に見えて分かる偽りであったとしても、「決して嘘ではない」と堂々と言い続けることによって、女性はいつの間にか本当のことなんだと信じ込んでしまう。女性にとって、自分がそうあってほしいと希望する内容であるなら、たとえ嘘であったとしても再三にわたり繰り返されていくうちに、いつの間にか本当なのかと信じ込んでいくようになる。

*極端な二重扱いを
 女性に対して接する場合、お嬢様やお姫様のような上級的接し方をすることと同時に、ひどい接し方いわゆる奴隷扱いのような接し方の両方で交互に扱うと、その接する男性の主導権に従ってしまうと言ったような男性のいいなり的なペースにはまりやすくなるものである。女性というのは、ものごとが急変した場合に、感情的にはなるものの、冷静沈着で適正な一瞬の判断能力にはたけておらず、目が点になり、頭の中が空っぽになってしまうというような臨機応変な対応ができなくなるため頭の中は大混乱をおこしてしまうからである。

*「Shall we ?」よりも「Let's!」で誘う
 「一緒に****しませんか?」と相手に判断させる誘い方よりも「一緒に****しましょう!」と断定的な誘い方のほうが、「はいOKです」と了解の返事を出しやすいのである。その後に起きる出来事の全責任は、誘い出した男性側にあるといった言い訳や言い逃れをしやすい誘い方をした方が気楽に誘いに乗りやすいものだ。

*すねた時は挑発する
 ほんの些細なやり取りから、女性が不機嫌になったりすねたりした時には、誤ったりなだめたりするよりも逆によけい怒らせたり逆なでして挑発し、くすぶっていた火山を噴火させるがごとく怒りを爆発させた方が、早く不満を解消することができ、気分はすっきりして機嫌が良くなりやすい。女性とは、自分自信で些細でつまらないことにこだわっていると分かっていたとしても、心の中にバリアを張り巡らせて意地になってしまうため、爆発させてしまった方が気分は転換しやすいのである。

*固い女性は夕暮れに誘う
 中々ガードが固くて誘いに乗ってこない、そして心のすきを見せようとしてこない女性に関しては日が落ちて来て夕焼けがすばらしい夕暮れどきに会えるチャンスをチョイスして誘い出してみる。女性というのは、日が沈みかけた夕焼けを見ると、張り詰めていた糸が切れたように、ガードが緩み出すと同時に精神的な緊張感が取れるとともに非常に感傷的な情緒に入り込みやすくなるものだ。

 
posted by 婚活屋 at 09:36| 女性を説得する心理学〔2〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank